無題。

すみません。
























相手のことを考えないで自分の都合ばかり話し、あたかも相手が悪いように言う人っていますよね。






そんな人は一体何を思っているのでしょう?






本当に自分は悪く思っていないのか、それとも自分が悪いと思っている上で相手に責任をかぶせようとするのか。






起きたことを客観的に並べようとするとそれを拒否し、自分の主観で物事を判断する。






相手の言い分は一切聞かないのに、自らの言い分を拒否されると相手の人間性を疑う発言をする。






第三者に判断をお願いしようとするとこちらの責任を問う。






ごめんなさい。






もう、疲れました。













暇人のすゝめ ~カタナ遣いgrindaの日々~

とりあえず作ってみました♪

2コメント

  • 1000 / 1000

  • EMI

    2016.05.10 07:13

    その人に会ったことがないので断言はできませんが、アタシの経験だと、そういった類の人は特定の人を陥れたいのではなく、悪いことしている認識あれども、可能であれば怒られたくないという、子供みたいな思考をお持ちの場合が多いです。 その人に関係性が仕事の付き合いであれば、指示や依頼は口頭ではなくメールや書面で行い、それを確認したいということを文章で書かせた返信をもらい、聞いているとか聞いていないみたいな低次元の論争の芽を少しでも潰します。 面と向かって話している時は指示内容を復唱させて、ある時は理解していなかったけど反射的に返事をしたとは言わせないようにします。 そしてリスクが発生した場合は速やかに報告をすることが最重要なことでリスクの拡散を防止したことは評価に繋がるということと、逆に報告が遅れたり怠ることで最も悪であり結果として トラブルを個人で収束できたとしても評価はしない、起きてしまったリスクは全員で解決をしょうという姿勢 を常日頃から見せておけば、責任逃れ癖みたいなものを改善されるような気がします。 なんか 的外れのコメントだったらゴメンなさい
  • lbsco-イデ

    2016.05.09 22:49

    こんー(*´∀`)ノ☆ うぅむ…。 どうなんだろ…。 自分を正当化するためにそういう事をお話しされるのではないか…とは思うけど、それを否定されてしまうと、更に自分の正しさを強調して周りを説得しようとしてるんだね(´・ω・`) 人に何かを話す、意見をするのであれば、自分の意見を聞いてもらってるのだから相手の意見もちゃんと聞く事は当然かと思うけどね(;^_^A